スポンサードリンク

手帳と私

手帳メモ帳との本格的な付き合いは、看護学校時代にさかのぼります。
看護実習では病棟内を立ち歩きながら、いろいろなことを手帳メモ帳にメモします。
時には患者さんの病名や症状、病歴、個人情報、排泄回数や食事の量、内服薬のこと家族のこと。医師や先輩ナース、先生に教えてもらったこと、気がついたことなど、ありとあらゆることを忘れないように手帳にメモします。
私は手帳は選ばず、メモができればいい程度の認識なので、安いコクヨのメモ帳を愛用していましたが、ブランド物の手帳を持っている友人もいたのにはびっくりでした。
ステイタスの問題でしょうね。
手帳の本来の目的より見た目重視の人もいるのでは?
こんな私は当然いまだにブランド物の手帳など持ったことありません。
システム手帳の使い方もよくわかりません(汗)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/87545006
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
スポンサードリンク
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。